不動産投資の失敗しない管理会社の選び方

不動産投資管理会社の選び方

不動産投資において重要なのが管理会社の選び方。

管理会社によって最大20%も年間の収益が変わってくるのです。そのため、物件の状況や希望する事柄によって最適な管理会社を選ぶことが大切です。

管理会社によって最大20%も収益が変わる

不動産投資のオーナーにとって管理会社選びは重要です。

なぜなら管理会社によって所有する物件のパフォーマンスが収入10%・支出10%ほど変わるのです。つまり、収入が10%増えて支出が10%減れば、最大で20%もパフォーマンスが上がるのです。逆もまた然りです。

管理会社にも得手不得手がある。

募集に強い管理会社・集金に強い管理会社・メンテナンスに強い管理会社・細かく動いてくれる管理会社・・・。

管理会社にも得手不得手があるんです。

管理会社の特徴を知っていれば、物件ごとのニーズにあう管理会社を選んで効率的な経営を行うことができます。

例えば、駅近の古いワンルームマンションであれば、募集にはそれほど手がかかりません。それよりも内装工事にお金がかかるので、募集に強い管理会社よりもメンテナンスに強い管理会社を選び、内装工事や入れ替わる時のラーニングコストを少なくした方が良いでしょう。

修繕やリフォームの費用はどんな工務店を選ぶかによって驚くほど違います。メンテナンスに強い管理会社はコストパフォーマンスの高い工務店と付き合いがあるので、安価で質のいいメンテナンスができるのです。

そのため物件の条件によって、選ぶべき管理会社は異なります。

良きパートナーになれる管理会社の見極め方

では、どのように管理会社の特徴を見極めれば良いのでしょうか。

ホームページなどで「我が社はこれが得意!」とうたっている場合も、そういったノウハウや人脈を持っているのはトップだけというケースが少なくありません。オーナーにとっては、管理会社の実力を測る手立てがあまりないのです。

そのため、詳細に検討せずに付き合いのある管理会社を選んでしまうオーナーさんも少なくありません。

管理会社の見極めは非常に難しいのですが、不動産経営の塾に入って学んだり、いろいろな方から話を聞いて管理会社の口コミを知ることが大切です。

こんな不動産管理会社には要注意

不動産管理会社が契約を切られる2大理由は以下の通り。

  1. 担当者と連絡が取れない。
  2. 募集している部屋が決まらない。

管理会社によっては、1人の管理担当者が1000部屋以上管理していることもあります。そうなると多忙すぎて、なかなか連絡が取れなかったりするのです。

管理会社を選ぶ時には「入居者がちゃんと決まる」「担当者と連絡が取れる」この2つの点は必ず確認しましょう。

失敗ゼロ、自分で見極める不動産投資

不動産経営塾募集

もう迷わない。自分で選択する不動産投資
不動産管理業界16年の充実したカリキュラムで
あなたの未来をつくります

不動産経営塾公式サイト
不動産経営塾公式サイト

この記事を書いた人

八木 剛

経営コンサルティング会社、分譲マンション管理会社、賃貸マンションディベロッパー、賃貸マンション管理会社、家主業を経て、2015年に不動産投資育成株式会社(現株式会社RIG)を設立。同年、代表取締役に就任。財務諸表から実施するコンサルティングと金融機関との交渉力には定評がある。自身も収益物件を多数所有、管理。
著書:「誰も触れない不動産投資の不都合な真実」「プロが教えるあなたの不動産投資リテラシーを鍛える本」