新型コロナウィルスは不動産投資に影響する?

不動産投資 新型コロナウィルスの影響

世界的な経済情勢に大きな影響を与えている新型コロナウィルス。

不動産業界も新型コロナウィルスの影響を大きく受けており、不動産の「売り時」「買い時」を気にされる不動産投資家の方も多くいらっしゃいます。

初めて緊急事態宣言が出てから、しばらく停滞していた不動産投資市場。今は住居系の不動産価格が高騰するという動きが出ているんです。

不動産経営塾では金融機関の融資状況や不動産市場の動きなどの生の声を聞き取り、今後も調査を強化して参ります。

コロナの影響で住居系の不動産価格は高騰中

不動産投資もコロナの影響を大きく受けています。

2020年3月に初めて緊急事態宣言が出た直後は「入居率」に大きな動きがありました。

コロナの影響で今後の世の中の動きが分からなかったため、入居する人が減り、退去する人が増えたんです。

八木剛
八木

みんな実家とかに帰っていたのかな?

実際に初めての緊急事態宣言から宣言が開けるまで、私が所有している東京・中部地方・関西・北陸、全ての物件の入居率が一気に下がりました。

しかし、その後政府が矢継ぎ早に経済対策をした結果、住居系の不動産価格は値上がりしました。

一方で、いまだホテルなどはかなり厳しい状況。

これまでは銀行が緊急融資をしていたので生き延びてこれたけれど、これからは銀行の融資も厳しくなります。銀行はお客さんの預金が減っているのを見ているので・・・

そのため、ホテルなどの不動産は潰れたり、撤退する会社も増えるのではないでしょうか。

安定性が高い住居系の不動産

コロナの影響を受け、住居系の不動産、特にマンションの価格は高騰しています。

なぜなら、住居系の不動産は安定性が高いからです。

10万円の家賃がいきなり3万円になることはありません。10万円の家賃は下がったとしても9万5千円位。売り上げが5%ダウンするだけ。

ニュースでも多くの企業の売り上げが50%減などと耳にする機会も多いですが、住居系の不動産は売り上げが大幅には下がらないんです。

そんな訳で、コロナの融資金を使って住居系の不動産を購入する人も増えたため、コロナが流行り始めた直後から比べると物件価格は全国的に1割程上がっています

コロナの影響でしばらく停滞していた不動産投資市場。今は住居系の不動産価格が高騰するという動きが出ています。

不動産経営塾では金融機関の融資状況や不動産市場の動きなど、生の声の聞き取り調査を強化し、塾生の皆様には融資資料や所有物件資料の整理などの準備などを推奨しております。

失敗ゼロ、自分で見極める不動産投資

不動産経営塾募集

もう迷わない。自分で選択する不動産投資
不動産管理業界16年の充実したカリキュラムで
あなたの未来をつくります

不動産経営塾公式サイト
不動産経営塾公式サイト

この記事を書いた人

八木 剛

経営コンサルティング会社、分譲マンション管理会社、賃貸マンションディベロッパー、賃貸マンション管理会社、家主業を経て、2015年に不動産投資育成株式会社(現株式会社RIG)を設立。同年、代表取締役に就任。財務諸表から実施するコンサルティングと金融機関との交渉力には定評がある。自身も収益物件を多数所有、管理。
著書:「誰も触れない不動産投資の不都合な真実」「プロが教えるあなたの不動産投資リテラシーを鍛える本」