不動産投資が女性にオススメな理由

不動産投資が女性におすすめな理由

「不動産投資は男性向き?」
このような質問をいただきましたが、不動産投資に性別による向き不向きはありません。

不動産経営塾を始めた頃は確かに男性の受講者が多かったですが、最近では女性の受講者も増えています。

八木剛
八木

8期生には現役の女子大生もいます。
親御さんの所有した不動産を引き継ぐために学ばれていますよ。

結婚・出産などライフスタイルの変化の影響を受けやすい女性にとって、費す時間が少ない上に長期的に安定した高い利回りが期待できる不動産投資はメリットの多い投資方法だといえます。

女性ならではの視点や、きめ細かい対応は不動産投資でも大いに活かすことができますよ。

女性も挑戦しやすい!不動産投資3つの特徴

1,特別な資格は不要

不動産投資と聞くと「難しそう」「特別な資格が必要」と思う方も多いと思います。

しかし、不動産投資に特別な資格は必要ありません。

・土地の利回りや値段の相場観を把握すること

・不動産投資の7大リスクを把握し、正しいシミュレーションをすること

・困った時に助けてもらえるように人間力を磨くこと

資格ではなく、この3つのスキルを高めることで、誰でも不動産投資に成功できる可能性があるのです。

また、数字に強くなくても大丈夫!
足し算・引き算・ちょっとした掛け算など小学校3年生レベルの算数ができて、エクセルなどの表計算ソフトを使うことができれば、シミュレーションはできるのでご安心ください。

2,少ない初期費用で始め、大きな利益が得られる

「不動産投資に興味があるけれど、物件を購入する資金が足りない・・・」

そんな不安な声をよく耳にしますが、不動産投資に必要な初期費用は物件価格の約7%。

銀行からの融資を受けて物件を購入した方が、レバレッジ効果が効いて高い利回りを得ることができるのです。

融資を受けることに不安を感じる方もいると思いますが、家賃収入からローン返済ができるので心配する必要はありません。

八木剛
八木

物件価格を全て自分で支払う必要はありません!

3,あらかじめリスクを踏まえて投資が可能

投資にはリスクがつきもの。
もちろん不動産投資にもリスクがあります。

しかし、7大リスクを踏まえ、家賃や物件価格など全て下がる前提で徹底的なシミュレーションを行うことで、リスクの低い勝てる物件を購入することができるのです。

7大リスクとは?

・空室リスク
・広告料リスク
・家賃滞納リスク
・内装工事リスク
・外装リスク
・家賃下落リスク

・物件下落リスク

八木剛
八木

不動産経営塾では7大リスクをお金に変換して、36年間もの長期間のシミュレーションを行います。

また、不動産投資は建物の価値が急激に下落するリスクは少ないため、株式やFX投資などに比べると、比較的に低リスク・ハイリターンの投資方法と言えます。

女性ならではのきめ細やかな視点は不動産投資に活かせる

消費者目線で物件を探すことができる

女性は日々の生活をイメージしながら物件を探すことが上手です。
日当たり・通気性・キッチンや水回りの使いやすさ・収納力・地域の安全性・内装や外装の美しさなど、「実際に生活した時に不便はないのか」を考えながら細かいところまでしっかりと確認される方も多いでしょう。

そのため、女性ならではのきめ細やかな視点は物件選びに大変役に立つのです。

コスパの良い業者選びが得意

また、女性はお得なものやコスパの良いものに敏感ですよね。

不動産投資では、内装や外装の定期的な工事が必要になります。
コスパの良い内装会社を探すのも女性の方が得意と言えます。

時間をかけずに高い利回りを得られる

平均寿命は男性よりも女性の方が長い上に、男女間の賃金格差がまだまだ根強い日本では、老後の資金に不安を感じる女性も多いと思います。

また、今は低金利時代。
貯金をしているだけでは資金は増えません。

「何か投資をして老後の資金を蓄えたいけれど、時間がない・・・。」と悩みを抱える女性も少なくありません。

不動産投資は日々の不動産管理を管理会社に委託することで、費す時間を少なく安定した高い利回りが期待できます。

仕事に家事に子どもがいる方は育児と、日々忙しい女性にこそ不動産投資は手を出しやすい投資の1つです。

八木剛
八木

不動産投資に性別による向き不向きはありません。

逆に女性ならではの視点を活かして、良い物件を選んでください。

失敗ゼロ、自分で見極める不動産投資

不動産経営塾募集

もう迷わない。自分で選択する不動産投資
不動産管理業界16年の充実したカリキュラムで
あなたの未来をつくります

不動産経営塾公式サイト
不動産経営塾公式サイト

この記事を書いた人

八木 剛

経営コンサルティング会社、分譲マンション管理会社、賃貸マンションディベロッパー、賃貸マンション管理会社、家主業を経て、2015年に不動産投資育成株式会社(現株式会社RIG)を設立。同年、代表取締役に就任。財務諸表から実施するコンサルティングと金融機関との交渉力には定評がある。自身も収益物件を多数所有、管理。
著書:「誰も触れない不動産投資の不都合な真実」「プロが教えるあなたの不動産投資リテラシーを鍛える本」