不動産投資のリスクは?失敗しない方法

不動産投資の7大リスク

不動産投資にはたくさんのリスクがあります。

不動産投資に失敗しないためには、リスクを知り、それらを加味したシミュレーションを行った上で100%勝てる物件を選ぶことが重要です。

そのためにはまず、リスクを知ることから始めましょう。

不動産投資の7大リスク

不動産投資のリスクをネットで検索すると、様々な情報がありますよね。
どの情報を信じたら良いのか、迷ってしまうのは当然です。

ここでは絶対に押さえるべき不動産投資の7大リスクをご紹介していきます。

八木

ご安心ください。私がお伝えする7大リスクを学べば間違いありませんよ。

1,空室リスク

不動産投資の最大のリスク「空室リスク」

入居者が見つからず、空室となるリスクのことです。

長く空室が続くと家賃収入が入ってきませんし、空室を避けるために家賃を下げることもあります。

2,広告料リスク

入居者が決まったら仲介業者に「仲介手数料」を支払うことはご存知かと思います。

実は、仲介手数料の他にも「広告料」として、家賃1ヵ月分〜3ヵ月分のお金を払うこともあるのです。

不動産会社は広告料が高い物件を顧客に勧めるので、広告料を支払うことで空室リスクを避けることができます。

すべての物件・業者で広告料が必要なわけではありませんが、必要になる場合が多いです。

3,家賃滞納リスク

家賃滞納リスクとは、入居者が家賃を支払ってくれないリスクのこと。

ただし、賃貸管理会社に管理を任せる場合は、賃貸管理会社が家賃の催促をしてくれます。

4,内装工事リスク

入居されていた方が退去する際に、次の人に部屋を貸すために、クロスの張り替えや古くなったエアコンの取替など、内装工事をする必要があります。

内装工事の費用は自己資金で行うため、リスクの1つと考えます。

5,外装リスク

内装工事と同様に、建物の外側に汚れや不具合が出た場合にも、自己資金で対処する必要があります。

建物の老朽化を防ぐためにも定期的なメンテナンスは必要です。

6,家賃下落リスク

一般的に、新築時をピークに家賃相場は下落していきます。

下落率は年が経過するごとに緩やかになり、築20年~25年ほどすると下げ止まる傾向にあります。

7,物件下落リスク

時間の経過とともに建物が老朽化すると、物件の価格は下落していきます。

八木剛
八木

これらのリスクを理解し、リスクを減らすための方法を学び、その上でリスクを加味したシミュレーションを行うことが大切!

7大リスクの他にも「設備故障リスク」や「金利リスク」などもあります。
しかし、それらのリスクは考えないでOK。
なぜなら、リスク以上のリターンがあるからです。

不動産投資で失敗しないために「100%勝てる物件」を選ぶ力が必要

「不動産投資で失敗しないためにはどうしたら良いのか。」

これは難しい質問です。

同じ物件でも、購入する際の支払い方法や所有する年数によって、成功する場合もあれば失敗することもありえます。

例えば、2000万円の物件を購入し、30年間所有した場合。

現金で一括で購入した場合と銀行にお金を借りて2%の金利を30年間払った場合では、600万円もの差が出るのです。

また、不動産投資は持てば持つほど成功する確率が上がります。

八木

極力、不動産を所有する年数を短く成功したいですよね。

短期間で成功するためには、先ほどご紹介した7大リスクを踏まえ、家賃や物件価格など全て下がる前提で徹底的なシミュレーションを行い、100%勝てる物件を選ぶことが重要です。

私の運営する不動産経営塾では、7大リスクの対処方法から、100%勝てる物件を選ぶための徹底的なシミュレーション方法をお伝えしていきます。

失敗ゼロ、自分で見極める不動産投資

不動産経営塾募集

もう迷わない。自分で選択する不動産投資
不動産管理業界16年の充実したカリキュラムで
あなたの未来をつくります

不動産経営塾公式サイト
不動産経営塾公式サイト

知らないから失敗する

不動産投資始め方BOOKプレゼント

友だち追加

この記事を書いた人

八木 剛

経営コンサルティング会社、分譲マンション管理会社、賃貸マンションディベロッパー、賃貸マンション管理会社、家主業を経て、2015年に不動産投資育成株式会社(現株式会社RIG)を設立。同年、代表取締役に就任。財務諸表から実施するコンサルティングと金融機関との交渉力には定評がある。自身も収益物件を多数所有、管理。
著書:「誰も触れない不動産投資の不都合な真実」「プロが教えるあなたの不動産投資リテラシーを鍛える本」